倫理研修を実施しました!!

令和2年7月9日(木)、新潟県行政書士会館にて、コスモス新潟会員向けの倫理研修を実施しました。弁護士法人一新綜合法律事務所の朝妻太郎弁護士より、後見業務に携わる上での注意点や、金銭管理・契約事務などのポイントをみっちり2時間にわたってレクチャー頂きました。

本日の講義のポイントは、後見業務に携わらせて頂くに上で、何よりもまず、『本人の意思決定を尊重する』ということ。一方的な押し付けサポートではなく、本人(被後見人)様が何を望み、何を望まないのか、しっかりと顔を合わせ、聞き取り、感じ取り、寄り添い、何が最適であるのか熟慮した上で、判断することの重要さを改めて実感しました。

そして、私たちは、『決して不正はしない!!』ということを心に誓い、業務に臨まねばなりません。これは当たり前のことのようですが、本日の講義の中でも、過去に様々な職・資格・立場の後見人が犯した過ち・不祥事などの事をいくつか取り上げ解説頂きました。不正を犯すとどうなるのか?刑事責任(刑罰等)、民事責任(損害賠償等)、行政上の責任(資格はく奪等)、又はマスコミ報道や世間からの迫害など社会的制裁も課されます。何よりも本人様の大きな期待と信頼を裏切るということは、行政書士として、そしてそれ以上に『ヒトとして』、決してあってはならないことです。

こうした過去の不祥事例から目をそむけることなくしっかりと受け止め、一人一人が肝に銘じて自らを律する強さを持つこと。そして、相互に良い意味で監視し合い、高め合える組織体制の下に、後見業務を行っていくことが今後重要だと考えます。それを実現できるのが、『コスモス新潟』という組織であり、弊会の会員である!!と、胸を張って言えるよう、今後も引き続き質の高い研修を行い、個人の知識や意識、スキルを高め、そして組織としての礎を構築して参ります。

本日ご講義頂きました朝妻先生、また、社会福祉士の岩佐様(同事務所所属)、貴重なひとときをありがとうございました!!参加された会員の皆さま、お疲れ様でした!!

広報部長 松澤克矢

コスモス新潟の最新情報をお届けします