“人間力“を養う研修を実施しました。

令和3年3月17日(水)、成年後見業務を行う上で・・・というよりもヒトとして社会生活を営んでいく上でとても重要となる‘’人間力‘’を成長させる考え方を学ぶ研修会を実施しました。

本日テーマは、①ホスピタリティとは?②信頼され感謝される人になるために・・・の二本立てです。成年後見業務おいて求められる、‘’気配り‘や‘’心配り‘’ということ、いかに相手の立場に立ってものごとを考えられるか?という観点、起こっている問題に対してその解決策のみならず本質は何か?と考える習慣など、改めて日々の業務や私生活を振り返り、多くの気づきや学びを得ることができました。‘’心くばり‘’と書いて‘’心配‘’と読む・・・私は常日頃、気配りを超えて良い意味で相手を‘’心配‘’できているだろうか?と、自分自身とても考えさせられた時間でした。

私たちコスモス新潟は特に、常日頃の業務研修をとても重視しています!!それはただ単に、制度や法律に関する専門的な知識を学ぶのみならず、こうした“心のあり方‘’を養い向上させることをも目的とするものです。本日の研修は特に当会会員の中でも、直近において当コスモス新潟に成年後見のご相談を頂いた案件に対し、実際に成年後見人候補としてご紹介させて頂き、受任に至った会員を主な対象として実施しました。責任ある成年後見業務、当会会員が受任させて頂くにあたっては、今後もこうした継続学習を怠ることなく自己研鑽している者を中心に推薦、ご紹介させて頂きます。またこれらのコスモス新潟の方針は市町村等各機関から共感を得ているところでもあります。

そして本日の研修は当コスモス新潟の清野支部長が講師を務めました。このように、当会には成年後見に限らず多様な分野に知識・見識のある会員が多く在籍しております。今後、ご要望に応じて皆さまの前でお話しさせて頂く機会なども積極的に設けることが出来ればと思っております。 引き続きどうぞ宜しくお願い致します。なお、今回の研修撮影ビデオはコスモス本部に提供され、今後全国の会員が利用することが可能になる予定です。

広報部長 松澤 克矢

コスモス新潟の最新情報をお届けします