業務研修会を実施しました。

10月9日(金)、新潟県行政書士会館にて業務研修を実施しました。

講師は、朝妻太郎弁護士です。

本日のテーマは民法『総則』について学びました。

私たちの暮らしや生活に密接に関わってくる民法は大きく『総則』『財産法』『家族法』に分けられます。どちらかというと、普段の行政書士業務や日常生活などでは、具体的な権利や義務、取引関係や親族関係が定められた、『財産法』や『家族法』が重要視されがちですが、本日学んだこの『総則』の中には、民法を理解する上での(一般社会で生活していく上での)基本的な〝考え方‘’が定められています。

そして成年後見についての定義や、成年後見人として実際に知っておくべき考え方も、この民法『総則』の中にいっぱい詰まっています。意思表示や代理、時効など、法律素人だった行政書士受験生時代に、何度も六法や解説書を読み込み、図に書いて理解した記憶が蘇ってきました(・_・;

今回改めて民法条文を読んでみると、近年の民法改正により、いろんな規定が簡素化・明文化されたこともあって、だいぶ読みやすくなった印象を受けました。引き続き、知識の研鑽に努めてまいります^_^

本日、私自身、リモート(オンライン)で受講させて頂きました。コロナ禍になり悲観することが多くありますが、でもこうしてオンライン技術の普及が進み、ある意味で良くなった面も感じています。成年後見を担う団体として、常にアンテナを張って社会情勢に対応していきたいと思います。

広報部長 松澤 克矢

コスモス新潟の最新情報をお届けします